garageが運営するfarm【 Hata Raku 】




2020年春、garageに新たなプロジェクトが芽吹きました。
その名も【 Hata Raku 】―


春風が穏やかな4月、とある場所で心地良く汗を流すgarageスタッフの姿がありました。廃材でフェンスをつくったり、花壇をつくったり、植樹をしたり…。

豊橋店から車で10分程、広さ5000haのこの場所は、代表・二村の先々代が畑として使っていた土地です。家で食べる野菜は自分たちの手でつくる、ご近所さんと旬の野菜をやり取りする、二村が子どもの頃にはそんな暮らしが当たり前にありました。そして今振り返ってみると、それらは健康のバランスや人々とコミュニケーションをとることができる大切なツールだったことに気がつきました。

自給自足や物々交換がうまれる場所=畑を暮らしの中に提案したい―。実は、かなり前から二村のなかでこの構想が温められていたようです。そして、garageを応援してくださる方々に農地として開放できたら楽しいだろうな、という想いから【 Hata Raku 】がカタチになりました。


【 Hata Raku 】のコンセプトは「畑楽」。「畑を楽しもう!」という気持ちが込められています。土の感触や小さな生き物への驚き、体を動かし五感で季節を感じる爽快感、そしてなにより自分が育てた野菜を収穫する喜び。畑にはまだまだ未知の「楽しい!」体験が詰まっています。

農地は無料で貸し出しますが、月1回位のペースでイベントを兼ねた共同作業ができたらいいなと考えています。子どもたちと焼き芋を焼きたいな、野菜で保存食をつくりたいな、動物を育てたら楽しいかも…。そう、「楽しい!」の種は、みんなで蒔いて育てるもの。garageゆかりの方々が集まってくれるからこそ出来ることがたくさんあります。


ちなみに【 Hata Raku 】のロゴにデザインされたリヤカーは、先々代の相棒だった仕事道具です。この場所が楽しい声で賑やかに溢れたら、きっとお爺さまも喜んでくれることでしょう。

「植物+インテリア」から一歩外の「畑」に踏み出したgarage。まだ始まったばかりですが、自分たちの足元からゆっくりと丁寧に耕していきたいと考えています。

farmの様子はときどき garage TOYOHASHI のInstagramでご紹介します
© 2007 garage Co.,Ltd.