gareco Instagram  2017  2018  2019  2020
榊原孔美子 × 榎本幸子
2019/12/28.sat_2020/1/13.mon
*最終日は16:00まで
*2019.12.31~2020.1.2は臨時休業

名古屋芸術大学絵画科日本画コースを卒業した2人の展覧会。今回の展示に向けて植物を中心とした作品制作を行いました。
「Like a water project」Photo Exhibition
運河と感性が交わる、創造するアートビオトープ
2020/1/18.sat._1/28.tue.

写真家 浅田政志講師によるレンズ付きフィルムを使ったワークショップ作品をはじめとする写真展示を行います。
植物が水を得て自生していくように、運河沿いに感性が自然に芽吹いていく未来を想像する。かつては多くの人や物が自由に行き交い文化の発展を支えた運河のように、人と人の関わりを支える水を湛えた場をつくることを目的としたプロジェクトです。
<Special thanks>
写真家浅田政志さん
名古屋市立西福田小学校、有志のみなさん
<PLAN By Impression>
大嶋竜太郎/鷹巣由佳/山田充紀/山根祥嗣
仕草 型紙と手ぬぐい展
2020/1/31.fri._2/11.tue.

型染めに使う型紙を絵画作品として、と同時に型染め手拭いの展示・販売を行います。仕草ではもともと化学染料を使う技法「注染」で、天然染料のみを用いた染色をしています。古来より人々が親しんできた植物から頂いた色彩を見て頂けたらと思います。
山田 雅哉 ドローイング展「スーベニア」
2020/2/14.fri._2/25.tue.
*2月20日(木)は定休日

完成された絵画作品を「タブロー」と呼ぶのに対し、作品完成のための習作や日々のデッサン、絵画的思考の跡などのものを、「ドローイング」と呼ぶ。日々の制作の中で、ふと寄り道のように始まるドローイング。それは作品のための大切な種となるだけでなく、時に長い旅路の処々で出会う「スーベニア」のように、自身のその時その時を留めておくものとなる。アトリエでの制作の日々で集めた僕の「スーベニア」が、この展示を通してだれかの旅路に重なり、だれかの今を留める「スーベニア」となりますように。
伊藤 里佳 個展 < around>
2020/2/28.fri._3/12.thu.

主に「モノプリント」という技法で制作をしています。「モノプリント」は金属の版に油性の絵具で絵を描き、刷りとるという技法です。同じものはできませんが、刷るという行為から版画の仲間になります。描かれているものは大体は同じですが、日によって色味や描きたいものや描き方は少しずつ変化します。それが生きているってことだとも思います。
私は生きている喜びを植物や風景、色を通して伝えたいんだと思います。
HUIS 展示会
2020/3/14.sat._3/22.sun.

春秋恒例のHUISの展示会です。高品質な「遠州織物」を使用したシンプルで飽きのこない衣類は、どなたにもフィットする着心地です。
1GRAM FACTORY
「Dry Plants 展 - 雑木林のリース-」
2020/3/27.fri._4/7.tue.

自生している植物を収穫しドライにしてリースやスワッグを作っています。
奥田 美樹 個展
2020/5/22.fri._6/2tue.

植物をモチーフとした絵画作品の展覧会です
野澤 朋恵 個展
2020年6月5日(金)~6月16日(火)

心に少しずつつみ重なり堆積していく様子をイメージして... 岩絵の具、雲肌麻紙、板、金箔などを用いた作品です。
秋田 伸 個展
2020年6月20日(土)~6月30日(火)

主に油絵具と木炭を使用して描いています。
作品をつくり始めた頃から変わらず自身の中にあるものを作品として表現しています。
トビマツ ショウイチロウ 個展
2020年7月3日(金)~7月15日(水)

今年は日々の暮らしの中で、価値観の基準がめまぐるしく変化した年に思います。明日には変わってしまう情報なのに、必死に追いかけては疲れてしまい、そんな中ふと目に入った古道具を見ては、凛として何にも振り回されずに佇んでいるように私は見えました。
変化を問われるこんなご時世ですが「何も変わらなくてよいもの」を逆に今は描きたい気分で、そこには私なりの想いがひっそりと潜んでいるのでそれぞれの解釈で見つけてみて下さい。
SIKAKU 展示会
2020年7月18日(土)~7月28日(火)

SIKAKU/シカクは岐阜県大垣市の1960年創業の鉄工所が運営しています。これまで培ってきた経験・技術を応用して自分たちが毎日の生活の中で本当に使いたいものを製作しています。パーツ等は自社で一点一点手作業で仕上げております。大量生産された製品にはない味わい、長く使い続けられることで生まれる愛着を感じていただけたら幸いです。
Ritzwell NEW PRODUCTS 展示会
2020年7月31日(金)~8月10日(月)

1992年の創業以来、一貫して“made in Japan”の家具を作り続けるリッツウェル。「作り手と使い手の思いの深さが、年月と共に一つの家具を愛着のある存在に育てていく」という幸せな経験の積み重ねが、手間隙を惜しまない私たちの家具作りを支えています。
“控えめでありながら確かな存在感を放つ、たたずまいの美しい家具”。私たちが作る家具たちも、日々の暮らしの中にあってちょうど音楽や絵画がそうであるように、文化や習慣などの垣根を越えて、すべての人にとって安らぎや落ち着きを感じさせるような、そんな存在であってほしいと考えています。
SHIROUMA 展示販売会
2020年8月14日(金)~8月25日(火)
*8月20日(木)定休日

“自然を感じる まっすぐな器 豊かな自然の表情や質感を陶器に映し出したい”
SHIROUMAの器は、そうした思いから生まれました。「山小屋の器」をひとつのテーマに、長いあいだ使われたような風合いをオリジナルの釉薬で表現しています。飽きのこない素朴でシンプルな形は、料理とも相性がよく引き立ててくれるはず。日本アルプスの名峰・白馬岳から名付けたこの器が、みなさまの食卓を心地よく彩りますように。
平面作品 展示販売会
2020年8月28日(金)~9月8日(火)

3名の作家さんの旧作を中心に、暮らしの中にフィットする作品を展示販売します。

原田章生(絵画)
伊藤里佳(版画)
河野ルル(絵画)
© 2007 garage Co.,Ltd.