酒井祐二 個展
2017.12.27(水)~2018.1.9(火)
※12.31~1.2お休み

シーツに墨を含ませ、紙の上へ置く行為を繰り返して、一枚の絵を描き上げる作家。その絵からは支持体と向き合う作家の真剣なまなざしが想像できます。
大久保理紗+藤村佳澄+am.+降幡未来
2018.1.12(金)~1.23(火)
※1.18(木)定休日

女性作家4人による陶器展。
かわいいアクセサリーや、素敵な器が並びます。
奥田美樹 個展
2018.1.26(火)~2.6(火)

植物をモチーフに作品を作り続けている作家。
大きな作品から小さな作品までたくさん並びます。
plants monsters
2018.2.9(金)~2018.2.20(火)
※2.15(木)定休日

タイのデザインユニット
プランツモンスターズのポットを展示販売します。

来日する作家によるワークショップも開催
2.11(日)11時~/14時~ ¥3,000
Hande und Stitch
アニマルトロフィー 展示会
2018.2.23(金)~2018.3.7(水)

作家の花村一晃さんは古布や革を使い、動物の壁飾りアニマルトロフィーを作っています。

作家によるワークショップ
2.24(土)2.25(日)3.3(土)3.4(日)
13時~/¥5,900
※ワークショップは今後も定期的に開催する予定です。
 ホームページやInstagramでお知らせいたします。
平野健太郎 個展
2018.3.9(金)~3.29(火)
※3.15(木)定休日

木々の空間を光と陰で描く日本画の作家。
青みがかったその作品は、ふわっと繊細な輪郭でしっとりと落ち着いた雰囲気を放っています。

作家コメント
「絹や岩絵具といった古くからある日本画の画材を使いながら、現代の絵画表現を求めて描き続けています。
この世界の美しさを探し、画面に写し取れたらと願い制作に取り組んでいます。」
HUIS×aoyama 展示販売会
2018.3.23(金)~4.1(日)

高品質な「遠州織物」を使用したシンプルな衣服をつくるHUISと、木と革の良さを活かした暮らしに身近なものをつくるaoyama。素材を大切にしたふたつのブランドの展示販売会です。
河野ルル 個展
2018.4.3(火)~4.17(火)

UNKNOWN ASIA 2017 グランプリ受賞
第37回大阪国際女子マラソンメインビジュアル担当など
様々な場で活躍している作家。
水彩絵具で着彩し、アクリル絵具で細部を描いています。ポップで春らしい作品はかわいらしく、そして個性的であるため鑑賞者の心をつかみます。
アトリエつみき屋 展
2018.4.20(金)~5.1(火)

天然木を使用し、生活雑貨から家具まで製作している作家。ユーモアのあるかわいらしい小物もあり、お子様連れでも楽しんでいただけます。
吉田 葵 個展 -in line withー 
2018.5.4(金)~5.15(火)

絹に岩絵具やアクリル絵具で描いています。透き通る絹に描いている上に、二重構造となっているため、奥に描かれたものと手前に描かれたものが同時に鑑賞できる仕組みです。そのことにより奥行と軽やかさが出て鑑賞者の想像力を掻き立てます。
at & on -exhibition05-
2018.5.18(金)~5.29(火)

4人で構成されたユニット。それぞれがプロダクトデザインと制作、写真、グラフィックデザインを担当し、海外などでも発表しています。


伊藤 里佳 個展
2018.6.1(金)~6.20(水)

カラフルな動きのある線で表現された版画作品の展示です。期間中は作家によるワークショップも開催します。

銅版画ワークショップ
―紙で作ってみよう!―
6月3日(日)・6月10日(日)
13:00~/14:00~
\1,500(材料費込み)定員各10名

はがきサイズの紙に、ニードルやカッターを使用して版画作品を作成。銅版画のような仕上がりになります。二つ折りになる版画用の紙にプレス機で刷りますのでメッセージカードとしてご使用いただけます。
石橋 志郎 個展 <drip>
2018.6.24(日)~7.10(火)

京都在住の日本画家によるドローイング展です。
東海地方では、なかなかご覧いただける機会がない作家さんです。この機会にぜひご高覧ください。
未来こども園 
建築デザインコンペ
コンペ作品展
2018.7.13(金)~7.24(火)

こどもたちが遊び、ごはんを食べ、お昼寝をする。木のあたたかみが優しくこどもたちを包んでくれる空間。建築を学ぶ学生たちの個性、やさしさが盛り込まれた作品が集まりました。
宮木 英至 個展
2018.7.27(金)~8.9(木)

岐阜県多治見市在住の陶芸家です。
型を使った鋳込みという技法で作陶をしています。主に量産する際に分業で行われることが多い技法ですが、すべての行程を自らの工房で行うことで新しい表現や可能性を追求しています。

デニム生地のような深みのあるインディゴブルーと湖を眺める景色のようなナイルブルー。2色の異なるブルーは食材とのコントラストが美しく、観ても使っても楽しめる魅力的な器となっております。
HUIS.×sacra
2018.8.11(土)~8.19(日)
*最終日は16:00まで

高品質な「遠州織物」を使用したシンプルな衣服を製作するHUIS.が、大好評だった春の展示会に続き秋冬物の展示会を開催します。
今回はシザーケースやフローリストケースを取り扱う“sacra”と一緒に展示販売会を行います。「道具としてのバッグ」をコンセプトに作られた“suolo”や“jacou”のシリーズがご覧いただけます。
栗原 光 個展
2018.8.21(火)~9.4(火)

<作家コメント>
最初に持っていたイメージが薄れないよう絵筆を走らせます。
手を動かす方向、線の強弱や幅、面、色のぶつかりや重なりなど、絵画を構成する要素からどのように描くかということを重視し、画面と自身と向き合い対話を繰り返します。
「chansons pop」山田亘・柴田祐希・原田愛子
2018.9.7(金)~9.18(火)

写真3人展

シャンソン・ポップは、ちょっと安っぽい
昔っぽくてかわいくて、お菓子のような歌謡曲
むずかしい顔で、人生を語り
すました顔で哲学をひけらかしたり
アートもなかなか大変だけど
ときには歌を楽しむように 耳をかたむける
3曲のポップソング
意外といいこと言ってるかもと
気分に浸って口ずさんでもらえれば


■鶏卵紙プリントワークショップ開催!
9月15日(土)
¥1,000(材料費込み)
19世紀の日光写真を手作りするワークショップです。

■作家カジュアルトーク
9月15日(土)
16:30~
ギャラリースペースにて


1gram style
2018.9.21(金)~10.2(火)

ー野山で見つけた 美しい植物たちー
採取した植物をドライにし、ブーケやリース、スワッグを制作しています。たくさんのドライ作品が展示販売されます。
原田章生 個展 -kira nico-
2018.10.5(金)~10.17(水)

動物をモチーフに描き続ける作家。
ポップでシュールな絵画が並びます。


■無料アコースティックライブ
音楽活動もする作家によるライブです

10.14 (日)14:30~
三木瑠都 ×RE:LIC
2018.10.20(土)~10.31(水)

アートプロジェクト「RE:LIC」が企画をする写真アート&絵画の展覧会。 現代美術作家「三木瑠都」とのコラボレーションとなります。

http://relic.main.jp/exhibition20181020.html

森田 朋 個展
2018.11.2(金)~11.13(火)

銅版画とドローイングの展覧会です。

作家が言葉を紡ぐように並べた線が絶妙なバランスで描かれ一枚の作品となっています。